2018年04月15日

礼拝説教2018年4月15日「真の養い主」

「真の養い主」(小島仰太牧師)
◎旧約聖書 エゼキエル書34章7〜15節
◎新約聖書 ヨハネによる福音書10章7〜18節

* 長さの関係で、前半・後半に分けてあります。


posted by 韮崎教会 at 18:19| 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

礼拝説教2018年4月8日「ただ信じる」◆

「ただ信じる」(小島仰太牧師)
◎旧約聖書 民数記13章1〜2節、17〜33節
◎新約聖書 ヨハネによる福音書20章19〜31節

* 長さの関係で、前半・後半に分けてあります。


posted by 韮崎教会 at 13:48| 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

イースター礼拝説教2018年4月1日「からっぽのお墓」

「からっぽのお墓」(小島仰太牧師)=イースター礼拝=
◎旧約聖書 出エジプト記14章15~22節
◎新約聖書 マルコによる福音書16章1~8節

posted by 韮崎教会 at 13:20| 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

礼拝説教2018年3月18日「すべての人の僕となる」

「すべての人の僕となる」(小島仰太牧師)
◎旧約聖書 哀歌3章18〜33節
◎新約聖書 マルコによる福音書10章32〜45節

* 長さの関係で、前半・後半に分けてあります。


posted by 韮崎教会 at 14:37| 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

礼拝説教2018年3月11日「イエスの正体」

「イエスの正体」(小島仰太牧師)
◎旧約聖書 出エジプト記24章12~18節
◎新約聖書 マルコによる福音書9章2〜10節

* 長さの関係で、前半・後半に分けてあります。


posted by 韮崎教会 at 14:33| 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

礼拝説教2018年2月25日「正義の味方」

「正義の味方」(小島仰太牧師)
◎旧約聖書 エレミヤ書2章1~13節
◎新約聖書 マルコによる福音書3章20〜27節

* 長さの関係で、前半・後半に分けてあります。


posted by 韮崎教会 at 12:48| 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

分区聖日礼拝説教2018年2月18日「ちゃんと休もうじゃないか」

「ちゃんと休もうじゃないか」(八ヶ岳伝道所・山本護牧師)
   =分区聖日=
◎旧約聖書 創世記2章2~3節
◎新約聖書 ルカによる福音書14章1〜6節

* 長さの関係で、前半・後半に分けてあります。


posted by 韮崎教会 at 15:18| 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

礼拝説教2018年2月11日「向かう先は神が決める」

「向かう先は神が決める」(小島仰太牧師)
◎旧約聖書 ヨナ書1章1節~2章1節
◎新約聖書 マルコによる福音書4章35〜41節

* 長さの関係で、前半・後半に分けてあります。


posted by 韮崎教会 at 15:28| 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

礼拝説教2018年1月28日「幸せになるために」

「幸せになるために」(小島仰太牧師)
◎旧約聖書 箴言2章1~9節
◎新約聖書 マルコによる福音書4章1〜9節

* 長さの関係で、前半・後半に分けてあります。


posted by 韮崎教会 at 13:27| 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

一首鑑賞:岡野大嗣「消しゴムも筆記用具であることを」

消しゴムも筆記用具であることを希望と呼んではおかしいですか
岡野大嗣『サイレンと犀』


 一見ちょっと大仰な言いぶりでユーモラスな雰囲気もあるが、その実とても真摯な叫びが込められている。
 消しゴムはそれ自体、書く道具ではない。だが、鉛筆やシャープペンシルで書く際には欠かせない筆記用具だ。もしこれが修正液だったら、下の句の「希望と呼んではおかしいですか」に託された含意が半減してしまうに違いない。修正液は、間違いの上から塗り潰すだけで、間違った箇所そのものを消し去るわけではないからだ。
 この歌を読んで、イザヤ書43章25節がパッと思い浮かんだ。

  わたしこそ、わたし自身のために あなたのとがを消す者である。わたしは、あなたの罪を心にとめない。(口語訳)

 神様は、人の罪を消し去ると言う。それも、跡形の無いかのように。この大きな愛は、コリントの信徒への手紙 一 13章5節の英訳(NIV)で〈…it keeps no record of wrongs.〉(愛は悪を記憶に留めない)と書かれている愛そのものだろう。
 私達が自己中心に振る舞って人に迷惑をかければ、たとえ反省し悔い改めたにしても、人間関係に何らかのしこりを残す。この点で、神様と人間は全く異なる。
 生きることは、毎日毎日を何かに綴っていくようなものである。その歩みにおいては、大きな過ちをおかすこともある。神様は私の咎を消して下さると、御言葉は語る。あたかも消しゴムで綺麗に拭い去って下さるかのように——。
 復活の主イエスは、三度イエスを否認したペトロに「わたしの羊を養いなさい」と繰り返す(ヨハネによる福音書21章12〜19節)。このイエスのペトロへの呼び掛けについて、服部修牧師は「失敗した自分にこだわるのではなく、外に向かって愛するよう招く言葉」と記している(『信徒の友』2017年3月号)。
 過日、私も大きな過ちをおかした。礼拝堂の席に座っているのも居た堪れない心地が長く続いた。そんな私に主が語りかけて下さった御言葉は、ペトロの手紙 一 4章8節の「何よりもまず、心を込めて愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うからです」だった。

文責 Y.K.  
posted by 韮崎教会 at 09:35| 一首鑑賞 | 更新情報をチェックする